塾講師が生徒を授業に集中させるには

塾講師が行う授業、勉強を教えるだけではありません。決められた授業の中で生徒がやる気をだし、意欲を出さないといけないのです。生徒が時々授業中に眠ってしまうという場合もありますが、これは中学生では部活など様々な原因がありますので必ずしも講師の責任ではないです。しかし、その様子を見てしまうと自分の行う授業が退屈なのではないかと自信がなくなってしまいます。塾講師として働き始めた頃は、授業で生徒を集中させることができない事は少なからずあるものです。

そこで塾講師は、科目内容の勉強を教えるだけでなく授業の合間に雑談を織り交ぜながら進めていく方法をとると、生徒たちにも良い刺激になって退屈しないで授業を受けることができます。授業とはまったく関係のない話や、授業ないようについての豆地知識があればそのような話でもいいです。塾講師の中には、授業と関係ない話をして生徒の興味を引くより、授業内容の魅力で生徒を集中させたいと考える講師もいます。さまざまな経験をしていくうちに、自分なりの工夫を取り入れるようになります。

授業をいかに自分で工夫して行うことができるかどうかで、講師としての力量も問われますし、生徒が集中して良い成績を収めるということは、それだけ授業内容が濃いものになっているのです。単に科目ごとの授業を淡々と行うだけでは生徒も退屈してしまいますので、講師が持つ最大限の知識を少しずつ授業で雑談として使っていくと集中も出てきます。

■塾講師関連サイト
塾講師 探す=これから塾講師を目指す方には求人数が多いこちらのサイトがお勧めです。