授業には変化も大事

授業に変化をつけることも大切な塾講師の仕事です。時々生徒に刺激を与えながら、授業を進めていくと飽きずにそして退屈しないで授業が進んでいきます。時には授業の内容について生徒と講師が一緒になって考えてみるだけでも、一方的に教えられるよりも刺激になります。授業を行っていく中で、講師と生徒という関係を忘れて仲間として接してく、楽しい授業になりますし集中して問題を解いていくなど良い傾向に繋がります。そうすることで、生徒は1つの活動に飽きてくる前に次の活動に移ることが出来ます。

1つの限られた授業の中で、生徒たちも多くのことを学ばなければいけません。授業にある程度の変化をつけながら指導を行うには、講師の方でもそれなりの準備が必要です。どのようにしたら生徒が食いついてくるか、楽しい雰囲気の中で飽きさせずに授業を行うには何が必要かなどを、前もって準備しておくことも必要です。

塾講師は、さまざまな知識と教養があればあるほど、教えることに幅が広がってきます。また刺激を与えられるような話ばかりではなく、生徒と共感できる話でも良いです。勉強を学ぶことの妨げにならない内容の話を生徒にしていきながら、授業を行う雰囲気を高めていくのも塾講師の仕事です。